MLB用語 – 0~9, A~Z


0~9
10&5
メジャー登録日数が10年以上かつ現所属チームに5年以上在籍している選手が持つトレード拒否権のこと。
20-80 scale
スカウティングレポートにおいて選手の能力を最低20、最高80の数値で評価する方法。
30-30クラブ
同一シーズンに30本塁打、30盗塁を記録すること。
40-40クラブ
同一シーズンに40本塁打、40盗塁を記録すること。2020年現在ではホゼ・カンセコ、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、アルフォンソ・ソリアーノの4人しか達成していない。
5ツールプレイヤー
ミート、パワー、脚力、肩、守備力の5つがいずれもハイレベルな選手のこと。4つまでは揃っていてもあと一つが・・・という惜しい選手は多い。
A
A
マイナーリーグのクラスのひとつ。”シングルエー”もしくは”ワンエー”と読む。さらにアドバンストA(A+)、クラスA(AまたはRow A)、ショートシーズンA(A-)と3つのレベルがある。
AA
マイナーリーグのクラスのひとつ。”ダブルエー”もしくは”ツーエー”と読む。1つ上位にAAAがあるが、AAから直接メジャー昇格(または降格)するケースもある。
AAA
マイナーリーグの最上位のクラス。”トリプルエー”もしくは”スリーエー”と読む。
ABS
Automated Ball Strike System
ストライクボールの判定を補助する装置。2019年に独立リーグのアトランティック・リーグで試験的に導入された。日本ではロボット審判と訳されている。
A-ROD
アレックス・ロドリゲスの愛称。
Around-the-horn
5-4-3のダブルプレー(もしくはトリプルプレー)のこと。無死・1死ランナーなしから三振に打ち取った後に行うボール回しのことを指すこともある。
⇒例)動画
A’s
アスレチックスの略。
B
Back to back
連続ホームランのこと。
Blooper
①面白いプレー ②ポテンヒット ③野手のエラー の意味がある。
bunt
バント。どちらかというとセーフティバントを指す。MLBでは基本的にはバッターランナーが出塁するのが目的であるので、犠牲バント(sacrifice)という。
D
DFA
Designated for assignment
球団が40人枠に登録されている選手を一時的にロースターから外す行為のこと。球団は10日以内にDFAした選手を①40人枠に戻す②トレードする③ウェーバーに掛ける④リリースし、選手をFAにする・・・のいずれかの措置をとらなければならない。
日本のメディアでは、DFAのことを「事実上の戦力外」と訳すことがある。
DL
disabled list
故障者リストのこと。2019年よりInjured List(IL)に変更された。
IL
F
FA(フリーエージェント)
所属先が決まっておらず、すべての球団と契約交渉することができる状態の選手。
サービスタイムが6年以上となってFAになる選手と区別して、年俸調停権を得るタイミングで球団から契約の申し出がされずFAになる選手のことをノンテンダーFAと呼ぶ。
サービスタイム
ノンテンダーFA
G
good eye
良い選球眼を持っている打者。
good hit, no field
打撃はいいが守備がダメな野手。
Goodbye
ホームランのこと。
H
He gone.
元メジャーリーガーでシカゴ・ホワイトソックスの専属アナウンサーだったケン・ハレルソンが実況で使う言葉。He is goneを省略している。ホワイトソックスの投手が三振を奪ったときにHe gone! と叫ぶが、「ひがお」と言っているように聞こえる。
HOF
Hall of Fame
野球殿堂。野球発祥の地とされているニューヨーク州クーパーズタウンにある。(史実は異なる)
クーパーズタウン
I
I-70シリーズ
カンザスシティ・ロイヤルズとセントルイス・カージナルスが対戦する交流戦のこと。2つの都市がカンザス州道70号線(Interstate70)で結ばれていることが由来。
セントルイスはミズーリ州都。カンザスシティはミズーリ州とカンザス州にまたがっているが、ミズーリ州側の方が発展しており、本拠地カウフマン・スタジアムもミズーリ州側にある。
IL/故障者リスト
Injured List
病気やケガで試合に出られない選手を登録するリスト。公式の医師の診断が必要。日数によって細かなルールが異なる。10日間(15日間)と60日間、脳震盪用の7日間がある。
MLBでは長きに渡ってDisabled Listと呼んでいたが、disabledに障害を持ったという意味もあることから誤解を避けるため、2019年のスプリングトレーニングより名称が変更された。ルールは従来のDLと同じ。
DL
Inside the park homerun
ランニングホームランのこと。
K
K
三振、または奪三振。スコアブックに三振を記録するときにK(またはSO.)と書くことから。奪三振能力の高いピッチャーが投げる試合では、三振を奪うたびに観客がKと書かれたボードを並べる光景が見られる。また、見逃し三振を空振りと区別して”Ʞ”で表すこともある。
K-ROD
フランシスコ・ロドリゲスの愛称。
L
LHP
Light handed pitcher
左投げ投手のこと。
M
MiLB
マイナーリーグの略称。Minor League Baseball のイニシャルをそのまま取るとMLBになってしまうためためMiLBと表記するようになった。
マイナーリーグ
MVP
Most Valuable Player Award
レギュラーシーズンで最も活躍した選手を表彰する最優秀選手賞。投手に票が入りにくい傾向がある。
なお、レギュラーシーズンのほかにワールドシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズ、オールスターゲームでもMVPが選ばれる。
O
Oh Canada Derby
オー・カナダ・ダービー
ともにカナダに本拠地を置くトロント・ブルージェイズとモントリオール・エクスポズが対戦する交流戦のこと。2005年にエクスポズが本拠地を移したことで今は見ることができない。
P
PECOTA
著名な統計学者ネイト・シルバー氏が開発した、選手の翌年の成績を予測する手法。”Pitcher Empirical Comparison and Optimization Test Algorithm”の頭文字を取って付けられた。現在ではベースボール・プロスペクタスが運用している。
PED
Performance Enhanced Drug
選手のパフォーマンス向上に効果があるとされる薬物のこと。
play of the week
2019年シーズンから新設された賞で、毎週最も優れた守備を披露した選手に贈られる。
Power-speed number
数式は 2×本塁打×盗塁÷(本塁打+盗塁)で算出される。長打力(ホームラン)と走力(盗塁)のバランスの良さを測る指標。例えば20本・20盗塁の方が30本・10盗塁の選手より数値が高くなる。日本では馴染みがなく、MLBでもマネーボール以降はほとんど使われなくなった。
PRP療法
多血小板血漿治療。美容やアンチエイジングで取り入れられている治療法で、損傷した組織に患者の血液から取り出した多血小板血漿を注入、回復力を高める。
ヒジの腱を部分断裂した投手がトミー・ジョン手術を回避してPRP療法により早期復帰を目指すケースが多い。
Q
Qualifing Offer
Qualifing Offerの略。
クオリファイング・オファー
R
RBI
Runs Batted In
打点
RBI chance
得点圏にランナーがいる状況のこと。RBIは打点。
RHP
Right handed pitcher
右投げ投手のこと。
ROY
Rookie of the Year
新人王のこと。
S
See ya
入ったー、ホームラン!
See you later !
実況でホームランが出たときに言う言葉。
Swing and miss
空振りのこと。現地の中継ではスウィンガナミスと聞こえる。
T
Take me out to the ball game
セブンスイニングストレッチ
私を野球に連れて
The MLB show
実在するMLB球団・選手を扱ったプレイステーションのゲームソフト。2006年から毎年発売されている。前年にもっとも目立った選手がパッケージを飾ることが多いが、2017年版は引退を表明したケン・グリフィーJrが載った。
Three-strikes Policy
MLBの禁止薬物に対するペナルティの基準のこと。日本では司法試験になぞらえて三振制度と訳されることがある。
2005年11月に1回目の違反で50試合、2回目で100試合の出場停止、3回目で永久追放となる規定が労使間で合意された。2014年に見直しがあり1回目が80試合、2回目が162試合の出場停止とさらに厳しくなった。
TTO
Three True Outcomes
打席数のうち野手の守備力やシフトに左右されない本塁打、三振、四球が占める割合。(本塁打+三振+四球)÷打席数で計算される。
なお、日本のネット掲示板では「アダム・ダン率」として浸透している。
W
walk-off
サヨナラ