「大谷翔平」カテゴリーアーカイブ

大谷翔平の対戦相手など

今週対戦するピッチャー 2021-8-2~【エンゼルス】

8月2日からのテキサス・レンジャース3連戦の初戦は大谷翔平が登板予定。プレーオフを諦めたレンジャースは絶対的主軸のジョーイ・ギャロを放出。1発が恐いバッターは元巨人のアドリス・ガルシアぐらい。昨年開場したグローブライフ・フィールドもホームランが出にくい球場と、大谷には有利な条件が揃っている。
以下、今週エンゼルス相手に登板予定の先発投手を紹介する。
※日付は現地時間

対テキサス・レンジャース @グローブライフ・フィールド
8/2(月) デーン・ダニング

Embed from Getty Images

黒縁メガネが可愛らしい若手先発右腕。ランス・リンの交換相手としてホワイトソックスから移籍、レンジャースの1~2番手に成長することを期待されている。スライダーとチェンジアップはどちらも変化量は小さいがブレーキがかなり利いている。フォーシームも持っているが、大谷には動きが大きいシンカーを高低関係なく投げ込んで来るだろう。エンゼルス戦は今年2度対戦して2度KOしているがダニングはここ1カ月半で調子を上げてきている。大谷対ダニングは5打数1安打。

 

8/3(火) ジョーダン・ライルズ

Embed from Getty Images

31歳の右投げ投手。メジャー歴11年目だがほとんどのシーズンが防御率5点以上。ロッキーズからスタートして弱小球団を渡り歩いており、2020年からレンジャースにたどり着いた。ダニング同様今年はエンゼルス戦に2度投げて2敗。

 

8/4(水) コルビー・アラード

Embed from Getty Images

2015年にブレーブスからドラフト1巡目指名のサウスポー。指名順位から分かるとおり相当な期待をかけられていたが応えられず。クリス・マーティン(元日本ハム・ファイターズ)とのトレードでレンジャースに放出された。昨年は0勝6敗・防御率7.75に終わった。

 

8/5(木) テイラー・ハーン or スペンサー・ハワード

Embed from Getty Images

左の若手投手。フォーシームは93マイルほどの球速表示以上にノビがある。まだまだ変化球の精度は低く、本来はリリーフ向きかもしれない。ハーンが投げると予想されているが、トレードデッドライン間際に獲得したスペンサー・ハワードの可能性も。

 

今週後半からはビジターで対ドジャース3連戦。休みを挟んでブルージェイズ戦と続く。

対ロサンゼルス・ドジャース @ドジャー・スタジアム
8/6(金) デービッド・プライス
8/7(土) フリオ・ウリアス
8/8(日) ウォーカー・ビューラー (or マックス・シャーザー?)
8/9(月)は休み

ベースボーラー <MLB名鑑.com専属コラムニスト>

今週対戦するピッチャー 2021-7-29~【エンゼルス】

今週、エンゼルス相手に登板予定の先発投手を紹介する。
※日付は現地時間

対オークランド・アスレチックス @エンゼル・スタジアム
7/29(木) フランキー・モンタス

Embed from Getty Images

2019年の前半戦に大活躍したのち禁止薬物使用がばれてしまったパワー系右腕。現在のアスレチックスの先発投手5枚のうち最も球威があるが、モンタスだけ防御率が4点台といまひとつ活かしきれていない。大谷は今季の対モンタスは6打数1安打ながら2019~20年に限れば10打数5安打2ホーマー。

 

7/30(金) クリス・バシット

Embed from Getty Images

アスレチックスのエースとして認められつつある先発右腕。今季はオールスターにも選ばれ、2020年の大ブレイクがまぐれでなかったことを証明した。エンゼルスは今季バシット相手に2度対戦して2敗、そのうち1敗はキャリア初完封を許している。

 

7/31(土) コール・アービン

Embed from Getty Images

コントロールが良い技巧派先発左腕。左投手だが右打者の方がよく打ち取っている。6月の対戦で大谷はライトスタンド2階席に飛び込む特大アーチを放っている。

 

8/1(日) ジェームズ・カプリリアン

Embed from Getty Images

元ヤンキースのドラフト1巡目指名有望株だった右腕。ヒジと肩の故障による長期離脱を乗り越えて今年先発ローテーションに定着した。今回で3度目の対戦となる。過去2度の対戦でエンゼルスは牛耳られ、大谷も5打数無安打3三振。

 

次週からはビジターで同地区対決レンジャース4連戦。その後ドジャース戦と続く。

対レンジャース @グローブライフ・フィールド
8/2(月) デーン・ダニング
8/3(火) ジョーダン・ライルズ
8/4(水) マイク・フォルテネビッツ
8/5(木) コルビー・アラード

ベースボーラー <MLB名鑑.com専属コラムニスト>

【大谷翔平】今週対戦するピッチャー 2021-7-26~【エンゼルス】

今週、エンゼルス相手に登板予定の先発投手を紹介する。
※日付は現地時間

対コロラド・ロッキーズ @エンゼル・スタジアム

7月26日(月) ヘルマン・マルケス

Embed from Getty Images

ロッキーズの若きエース。武器は強烈なカーブとスライダー。毎年防御率4.00前後だがクアーズ・フィールド以外の球場では3点台前半をマークしている。過去に対戦してOPS.900を超えているエンゼルスの選手はジョン・ジェイ、デクスター・ファウラー、マイク・トラウトの3人とも現在ベンチ入りしておらず苦戦が予想される。大谷は3打数無安打1三振に抑えられている。

7月27日(火) オースティン・ゴンバー

Embed from Getty Images

ノーラン・アレナドの大型トレードでロッキーズ入りした先発左腕。メジャーレベルの投手だったがカージナルスでは5番手争いに敗れ、マイナーとの往復を余儀なくされていた。アレナドの対価としては小粒かもしれないが、クアーズ・フィールドで現在防御率1点台を記録しており、今のところwin-winのトレードといえそうだ。過去にエンゼルスとの対戦成績はない。

7月28日(水) チチ・ゴンザレス

Embed from Getty Images

テキサス・レンジャースをクビになった後ロッキーズに拾われた先発右腕。レンジャースからドラフト1巡目で指名され、将来の先発ローテーション投手になることを期待されていたが大成しなかった。持ち球がすべて平凡で三振を取れる球がなく、2021年もここまで防御率6点台。ロッキーズでなければロースターから外されているだろう。レンジャース時代の2015年に2回エンゼルスと対戦している。

今週後半は再びオークランド・アスレチックス戦、次週テキサス・レンジャース戦と続く。

対アスレチックス
7月29日(木) フランキー・モンタス
7月30日(金) クリス・バシット
7月31日(土) コール・アービン
8月1日(日) ジェームズ・カプリリアン

ベースボーラー <MLB名鑑.com専属コラムニスト>

【大谷翔平】今週対戦するピッチャー 2021-7-22~【エンゼルス】

今週、エンゼルス相手に登板予定の先発投手を紹介する。
※日付は現地時間となっているので留意されたし。

Embed from Getty Images

絶対的エースとして広島カープを支え、2016年からアメリカへ渡ったマエケン。ドジャースで安定感のあるピッチングを披露していたが、不利な契約内容やチーム事情により好投していてもブルペン行きを余儀なくされた。2020年にトレードでツインズに移籍。短縮シーズンながら11試合先発して6勝1敗・防御率2.70をマークしてサイ・ヤング賞投票で2位の好成績をおさめた。

7月23日(金) J.A.ハップ

Embed from Getty Images

2022年に40歳を迎えるベテラン先発左腕。ブルージェイズ時代の2016年に20勝を挙げている。クロスステップ気味の投球フォームでストライクゾーンの端をかすめるような球を投げる。J.A.と綴って「ジェイ」と読ませるのだがあまり定着していない。

7月24日(土) ホゼ・ベリオス

Embed from Getty Images

ツインズの先発ローテ1番手投手。プエルトリコ出身。フォーシームとシンカーの2種類の速球とスライダーに近いハードカーブの威力はかなりのもの。メジャー2年目から先発ローテーションを守り、2017~19年は2桁勝利・防御率3点台。昨年大活躍のマエケンからエースの座を奪還したい。

7月25日(日) ベイリー・オーバー

Embed from Getty Images

シーズン序盤には先発の頭数に入っていなかった長身右腕。まったくの無名投手だが、今シーズン5月にメジャー初昇格してからここまで先発ローテーションを守っている。エンゼルス相手に投げるのは初めて。身長206cmながら頭は小さく9頭身スタイル。投げ終わったあとに指をなめるクセが特徴的だ。

来週は対コロラド・ロッキーズとの3連戦、アスレチックス4連戦と続く。日程が近づいたら更新予定。

対ロッキーズ
7月26日(月) ヘルマン・マルケス
7月27日(火) オースティン・ゴンバー
7月28日(水) チチ・ゴンザレス

<MLB名鑑.com>

【大谷翔平】今週対戦するピッチャー 2021-7-18~【エンゼルス】

 

今週、エンゼルス相手に登板予定の先発投手を紹介する。
※日付は現地時間となっているので留意されたし。

対シアトル・マリナーズ
7月18日(日) ローガン・ギルバート

Embed from Getty Images

 マリナーズのエースになることを期待されている右の本格派先発投手。2021年シーズン開幕時の有望株ランキングではメジャー公式28位(チーム4位)。打の有望株ジャレッド・ケルニックと同時にメジャー昇格を果たし、初戦こそKOされたがここまで10試合に先発し投球回48.2・防御率3.51・53奪三振と合格点。被本塁打5本・与四球も10個しか与えていないところがさすがだ。

 6月の対戦時は5回5四球と制球に苦しむギルバートを打てず、2安打1得点で勝ちを献上している。

 

対オークランド・アスレチックス
7月19日(月) コール・アービン

Embed from Getty Images

コントロールが良い技巧派先発左腕。大谷がライトスタンド2階席に飛び込む特大アーチを放った映像は記憶に新しい。

 

7月20日(火) ジェームズ・カプリリアン

Embed from Getty Images

元ヤンキースのドラフト1巡目指名有望株だった右腕。ヒジと肩の故障による長期離脱を乗り越えて今年先発ローテーションに定着した。5月に1度対戦しており、5回2/3で9三振を喫している。

7月21日(水)は試合なし。

今週後半は対ツインズ4連戦。日程が近づいたら更新予定。

7月22日(木) 前田健太
7月23日(金) J.A.ハップ
7月24日(土) ホゼ・ベリオス
7月25日(日) マイケル・ピネダ

<MLB名鑑.com>