テイラー・ウォード


.
Taylor Ward (フルネーム/Joseph Taylor Ward)

Embed from Getty Images

1993-12-14生|185cm91kg|三塁手、外野手 右投右打

出身地/アメリカ合衆国 オハイオ州デイトン

ドラフト/2015年LAA1巡目(全体26位)指名

メジャーデビュー/2018-8-14
■選手紹介

打撃の評価が高まっている2015年ドラフト1巡目指名の生え抜き野手。キャッチャーとして入団したがサードに転向、メジャーでは外野手と内野両コーナーでスタメンを確保しつつある。2021年6月には延長12回表にベンチ入りキャッチャーを使い果たしたため、久々にキャッチャーを務めた。

2015年にエンゼルスからドラフト1巡目指名され入団。カリフォルニア州立大フレズノ校では打撃は通算16本塁打、OPSは.800を若干上回る程度だが、通算盗塁阻止率6割。守備型捕手との評価をされていた。エンゼルスのマイナーで想定外の打撃力を見せ、球団は打撃力を活かすためサードへコンバートさせた。2018年8月にメジャー初昇格した試合では3打数2安打・1打点・1四球と華々しくデビューしたが以降は打てず、3度目のメジャー昇格となった2020年9月頃からメジャーに適応できるようになった。シーズン成績は打率.277だったが9月だけでは60打数で.355・6二塁打・1三塁打の好成績だった。

速球系よりブレーキングボールに強く、特にスライダーを良く打つ。盗塁は多くないが意外と俊足。サード転向後はむしろ外野3ポジションでの出場機会が多くなり、ファーストも守ることもある。レギュラーがアンソニー・レンドンで、他にも内野のユーティリティが多いため今後も外野手での出場が中心になるだろう。ただしどこを守っても守備力は平均よりやや落ちる。

寄稿日:2021-07-04 最終更新日:2021-07-04
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 打席 安打 2B 3B 本 打点 四 死 三振 盗 打率 出塁 長打

2018 LAA 40 135  24  3 0  6 15  9 3 45  2 .178 .245 .333

2019 LAA 20  42  8  3 0  1  2  6 0 23  0 .190 .292 .333

2020 LAA 34  94  26  6 2  0  5  8 0 28  2 .277 .333 .383