マーティン・ペレス


.
Martin Perez (フルネーム/Martin Perez)

Embed from Getty Images

1991-04-04生|183cm91kg|先発 左投左打

出身地/ベネズエラ ポルトゥゲサ州グアナレ

プロ入り/2007年7月TEX契約

メジャーデビュー/2012-6-27
■選手紹介

ベネズエラ出身のベテラン先発左腕。ローテーションの5番手として毎試合5イニング前後・防御率4.50程度のレベルで投げてもらう想定をしている。もともと球威で押すタイプでなく、速球系の平均球速は89〜93マイル。大崩れしない、試合をまとめる能力がある。キャリアの前半はレンジャースで、2020年からレッドソックスでプレーしている。伝統的に打線の破壊力があるレッドソックスのチームカラーに合っている。

16歳だった2007年にレンジャースと契約。2011年にはAAAに到達、マイナーのオールスターにも選ばれ、翌2012年にメジャーデビュー。2014年にトミー・ジョン手術を受けるも2020年までで4度の2桁勝利を挙げ、先発投手としてのキャリアを築いている。

2017年オフに母国の牧場で手伝いをしていたところ、向かってくる牛を避けようとして転び右ヒジを骨折するハプニングに見舞われた。その後、原因となった牛を調理して食べたことを動物愛護団体に批判されるオマケもついた。また、2019年オフにレッドソックスに入団した際には球団が背番号33をつけることを発表すると、かつて33番を着けていたレジェンド捕手ジェイソン・バリテックの奥さんからSNS上で噛み付かれ、慌てて別の背番号にしてもらった。

投球内容は、3種類の速球系を持っていて、カッター(平均89マイル)、シンカー(91-93マイル)、4シーム(93マイル)を打席の左右関係なく投げ分ける。速球系以外はチェンジアップとカーブ。サークルチェンジの握りで投げるチェンジアップはカウント球、三振狙い両方に使っている。以前投げていたスライダーは2019シーズン以降1度も投げていない。逆にカッターは2019年から使い始めたボールだ。コントロールは良くも悪くもない。

寄稿日:2021-07-06 最終更新日:2021-07-06
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼背面キャッチ?でゲッツーを奪い、笑顔を見せるペレス

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 勝 敗 セ 防御率 イニング 安 責 本 四 死 三振 WHIP K/BB

2012 TEX 12 1 4 0  5.45 38.0 47 23  3 15 2 25 1.63 1.67

2013 TEX 20 10 6 0  3.62 124.1 129 50 15 37 3 84 1.34 2.27

2014 TEX  8 4 3 0  4.38 51.1 50 25  3 19 1 35 1.34 1.84

2015 TEX 14 3 6 0  4.46 78.2 88 39  3 24 2 48 1.42 2.00

2016 TEX 33 10 11 0  4.39 198.2 205 97 18 76 4 103 1.41 1.36

2017 TEX 32 13 12 0  4.82 185.0 221 99 23 63 6 115 1.54 1.83

2018 TEX 22 2 7 0  6.22 85.1 116 59 16 36 2 52 1.78 1.44

2019 MIN 32 10 7 0  5.12 165.1 184 94 23 67 3 135 1.52 2.01

2020 BOS 12 3 5 0  4.50 62.0 55 31  8 28 3 46 1.34 1.64