レオディ・タベラス


.
Leody Taveras (フルネーム/Leody Taveras)

Embed from Getty Images

1998-09-08生|188cm88kg|中堅手 右投両打

出身地/ドミニカ共和国 エルマーナス・ミラバル州テナレス

プロ入り/2015年7月TEX契約

メジャーデビュー/2020-7-24
■選手紹介

元盗塁王のウィリー・タベラスの従兄弟として知られるアスリート型の外野手。レンジャースが2015年に210万ドルを用意してドミニカ共和国から連れてきた。自慢のスピードとそれを活かしたセンターの守備がウリ。

プロ入り後、順調に昇格を続け2019年にAAに到達。課題の打撃はスイングスピードが年々速くなってきて成長の跡がみられるが、マイナーの階級を上がるたびに三振率も悪化しているのが気がかりではある。また、スイッチヒッターだが左打席の方が強く、プロ入りから2019年までにマイナーで記録した19本塁打はすべて右投手から打った。

短縮シーズンとなった2020年は開幕からメジャーのロースター入りを果たした。打撃面ではまだ力が及ばなかったが自慢の走塁と守備では爪痕を残した。翌2021年は8月末現在メジャーでは22試合の出場にとどまり、打率が1割を切ってしまった。BABIPが極端に低かった(.135)影響もあるが、四球率と三振率がともに前年より悪化。センターの守備でも22試合で3つエラーを犯し、DRSも6→0と精彩を欠いた。AAAでは打率は低いがホームランをすでに17本放ち、球数も多く投げさせるようになり、期待されていた将来像とは違う選手になりそうな気配が漂っている。

なお、スピードに関しては入団当初から称賛され続けている反面、盗塁の技術には乏しいとの評価で、実際マイナーでの盗塁成功率は7割前後しかない。なぜかメジャーではデビュー以来ノーミスで14連続盗塁を継続中である。なお、メジャー記録はティム・ロカストロが2021年4月まで続けた29連続盗塁。

寄稿日:2021-09-02 最終更新日:2021-09-02
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 打席 安打 2B 3B 本 打点 四 死 三振 盗 打率 出塁 長打

2020 TEX 33 119  27  6 1  4  6 14 0 43  8 .227 .308 .395