ナサニエル・ロウ


.
Nathaniel Lowe (フルネーム/David Nathaniel Lowe)

Embed from Getty Images

1995-07-07生|193cm100kg|一塁手 右投左打

出身地/アメリカ合衆国 バージニア州ノーフォーク

ドラフト/2016年TB13巡目(全体390位)指名

メジャーデビュー/2019-4-29
■選手紹介

プロ入り後しばらくは"ネイト・ロウ"の名前でプレーしていた一塁手。2021年7月の誕生日以降"ナサニエル・ロウ"と表記されるように変わった。短縮形のネイトと呼ばれるようになったのはプロに入ってからで、本人はどちらで呼ばれても気にしていなかった。しかし母親のウェンディ・ロウがひどく気にしていて、2021年7月7日(ロウの誕生日)、ウェンディがレンジャース公式Twitterに「ネイトではなく、ナサニエルよ。お誕生日おめでとう😉」とツイート。ウェンディの意を汲んだレンジャースはこれ以降ナサニエル・ロウと表記するようになった。

2013年の高校最終学年でドラフト指名されなかったため大学に進学。2度の転学を経て2016年にドラフト13巡目でレイズに入団した。ちなみに3歳下の弟ジョシュは同年ドラフト1巡目で同じレイズから指名されている。2018年にAAAに初めてプレーし、翌年はOPS.900超えの打棒を奮ったことでメジャーでのプレーの機会を得た。メジャー初年度は50試合でOPS.779と健闘。しかし翌2020年は21試合しか出場機会を得られずスタッツを悪化させ、同年オフにレンジャースへトレードされた。

再建中のレンジャースに来たことで2021年はメジャーでフルシーズン過ごせることになり、4月に6ホーマー・22打点を放ち幸先の良いスタートを切った。しかし翌月からマークが厳しくなり、5~7月のホームラン数は3ヶ月連続で2本ずつにとどまっている。

バッティングはパワーはあるが内角高めを苦手としており、相手投手もよく狙って投げてくる。選球眼は悪くないが三振率が高く調子が悪いときは打線の切れ目になりがち。足は速くなく、守備がわりと苦手で基本的にファーストしか守れず、2020年に出場機会を減らした原因になった。

先述の弟ジョシュは高卒ながら1巡目で指名されただけあって2021年のメジャー公式プロスペクトランキング78位にランクインしている。同年は開幕から初のAAAで迎え、90試合を終えた段階で20本塁打・20盗塁・OPS.870と期待に違わぬ大活躍でメジャー昇格待った無しだ。ところで母親は弟の方も"ジョシュア"と呼んでもらおうと思っているのだろうか?

寄稿日:2021-09-02 最終更新日:2021-09-02
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 打席 安打 2B 3B 本 打点 四 死 三振 盗 打率 出塁 長打

2019 TB  50 152  40  8 0  7 19 13 2 50  0 .263 .325 .454

2020 TB  21  67  15  2 0  4 11  9 0 28  1 .224 .316 .433