ケンドール・グレイブマン


.
Kendall Graveman (フルネーム/Kendall Chase Graveman)

Embed from Getty Images

1990-12-21生|188cm91kg|リリーフ 右投右打

出身地/アメリカ合衆国 アラバマ州アレグサンダーシティ

ドラフト/2013年TOR8巡目(全体235位)指名

メジャーデビュー/2014-9-5
■選手紹介

バックドア2シームで押しまくる頼れるリリーバー。スターターとして2桁勝利を挙げたこともあるが、2020年に首の良性骨腫瘍が見つかり、負担軽減のためリリーフに転向した。

アラバマ州アレクサンダーシティ出身のグレイブマンは地元ベンジャミンラッセル高校で、投手兼遊撃手として活躍。シニア(4年生)の年には63イニングで防御率1.19、打者として.390を記録している。進学したミシシッピ州立大学では4年間在籍。ソフモア(2年生)以降は主力投手となり、大学通算で68試合・19勝13敗・防御率3.69を記録した。いずれも後輩のハンター・レンフロー、ブランドン・ウッドラフ、アダム・フレイジャーが元チームメイトだった。また、学業は機械工学を専攻して成績優秀だった。

2013年のドラフトでブルージェイズから8巡目指名を受けた。大学時代の奪三振率が低かったせいで上位では指名されなかったが、カレッジベースボール屈指のサウスイースタン・カンファレンスで投げた実力はダテでなく、翌年9月にメジャー初登板を果たし、レギュラーシーズンで5試合に登板した。2013年ドラフト組では5番目に早いメジャーデビューだった(最速は5/17デビューのカイル・クロケット)。

2014年オフにジョシュ・ドナルドソンの4人の交換要員の1人としてアスレチックスへトレードされる。A'sでは先発ローテーション投手として抜擢。2015~17年に合計71試合に先発登板した。2016年にはA'sでただ1人ローテーションを崩さず規定投球回以上を投げ、10勝11敗を記録した。同年4/20のヤンキース戦に先発登板した試合では正三塁手のダニー・バレンシアが負傷交代、二遊間を守れるジェド・ラウリーのDHを解除したためグレイブマンに打席が回ってきたのが新・ヤンキースタジアムで初めて打席に立った投手となった。2017年はA'sのエースだったソニー・グレイが開幕に間に合わず、グレイブマンに初めての開幕投手に選ばれ勝利投手になったがその後はケガに苦しみ2度故障者入りした。

2018年は2年続けてグレイブマンが開幕投手に選ばれたが、5試合登板しても調子が上がらずAAAに降格した。この間0勝5敗・防御率8.89の大乱調だった。しばらく経って右ヒジの故障が発覚してトミー・ジョン手術を受け、シーズンオフにアスレチックスをDFAとなった。翌2019年はシカゴ・カブスにメジャー最低年俸の1年契約で拾われたが、TJからの回復が遅くマイナーで2試合の登板にとどまった。

2020年はマリナーズと1年契約を交わし、7月下旬に丸2年ぶりのメジャー復帰を果たした。しかし8月に痙攣をともなう首痛を発症し1ヶ月以上、検査で頸椎に良性腫瘍が見つかった。完治には難易度の高い手術が必要になることから外科的手術は回避し、メジャー復帰後は負担軽減のためリリーバーとしてプレーすることになった。初めてリリーバーとして開幕を迎えた2021年、開幕からオールスター級の大活躍でクローザーの座を掴み取り、7月にセットアッパーとしてアストロズに迎え入れられた。

先発投手の頃は92~95マイル程度だった2シームが、リリーバーに転向後は平均96マイル台にアップ。2021年4・5月の平均球速は97マイルを超えていた。変化球は横の変化多めのものと縦方向の2種類のスライダーを全投球の1~2割程度投げ、相手打者との愛称でチェンジアップとカーブを見せ球に使用する。なお、スライダーは2021年から使い始めたボールで、かつて投げていたカットボールは封印した。

寄稿日:2021-10-24 最終更新日:2021-10-24
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼2021年ALCS第1戦で2イニングをパーフェクトに抑えるグレイブマン

▼素早い牽制球で1塁ランナーを刺すグレイブマン

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 勝 敗 セ 防御率 イニング 安 責 本 四 死 三振 WHIP K/BB

2014 TOR  5 0 0 0  3.86  4.2  4  2  0  0 0  4 0.86  ∞

2015 OAK 21 6 9 0  4.05 115.2 126 52 15 38 5 77 1.42 2.03

2016 OAK 31 10 11 0  4.11 186.0 196 85 22 47 7 108 1.31 2.30

2017 OAK 19 6 4 0  4.19 105.1 114 49 12 32 4 70 1.39 2.19

2018 OAK  7 1 5 0  7.60 34.1 44 29  9 13 1 27 1.66 2.08

2020 SEA 11 1 3 0  5.79 18.2 15 12  2  8 0 15 1.23 1.88