エデュアルド・ロドリゲス


.
Eduardo Rodriguez (フルネーム/Eduardo Jose Rodriguez)

Embed from Getty Images

1993-04-07生|188cm105kg|先発 左投左打

出身地/ベネズエラ カラボボ州バレンシア

プロ入り/2010年1月BAL契約

メジャーデビュー/2015-5-28
■選手紹介

チームに愛着を持っているレッドソックスの先発左腕。2020年は新型コロナ感染による心筋炎で安静を要し、シーズンを全休せざるを得なかった。現状は先発2~3番手レベルだが球団からはエースに成長することを期待されている。

2010年にベネズエラから国際FAでオリオールズに入団。マイナーで毎年結果を残し2014年にAAAに昇格、同年にアンドリュー・ミラーとのトレードでレッドソックスに移籍する。当時のレッドソックスは前年にワールドシリーズを制覇したチームとは思えないほど大きく負け越しており、どん底のチーム状態だった。そんななかでロドリゲスは2015年5月にメジャー昇格すると、先発ローテーションを守り切り10勝6敗・防御率3.85の大健闘。ファンにとっては数少ない希望の星となった。

2019年には19勝8敗を挙げてブレイク。34試合すべてに先発登板、203回1/3・213奪三振とフル稼働した。レギュラーシーズンの最終登板では勝ち投手の権利を得てマウンドを降りるも9回に後続が打たれて20勝を逃した。

持ち球はフォーシーム、チェンジアップ、カッター、シンカー、スライダー。以前は投球の60%がフォーシームだったが、2018年から40%程度に減らしてカッターとシンカーを増やした。フォーシームはバッターからすると重く感じるようで、他のピッチャーのフォーシームよりゴロアウト率がかなり高い。ただ、デビューイヤーの2015年から毎年ちょっとずつ球速が落ち続けているのが気掛かりだ。コントロールが悪いわけではないがフォアボールが多い。

寄稿日:2021-07-08 最終更新日:2021-07-08
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼2018年WS第3戦 プイグにホームランを打たれグローブを叩きつけるロドリゲス

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 勝 敗 セ 防御率 イニング 安 責 本 四 死 三振 WHIP K/BB

2015 BOS 21 10 6 0  3.85 121.2 120 52 13 37 4 98 1.29 2.65

2016 BOS 20 3 7 0  4.71 107.0 99 56 16 40 3 100 1.30 2.50

2017 BOS 25 6 7 0  4.19 137.1 126 64 19 50 5 150 1.28 3.00

2018 BOS 27 13 5 0  3.82 129.2 119 55 16 45 4 146 1.26 3.24

2019 BOS 34 19 6 0  3.81 203.1 195 86 24 75 7 213 1.33 2.84