デービッド・フレッチャー


.
David Fletcher (フルネーム/David Owen Fletcher)

Embed from Getty Images

1994-05-31生|175cm84kg|二塁手、遊撃手、三塁手、外野手 右投右打

出身地/アメリカ合衆国 カリフォルニア州オレンジ

ドラフト/2015年LAA6巡目(全体195位)指名

メジャーデビュー/2018-6-13
■選手紹介

ディズニーランドで有名なカリフォルニア州オレンジ郡出身の人気者。愛称はフレッチ。大谷の同僚ということもあって日本でも知名度がある。イケメンというよりは可愛らしい顔つきに加えて、小さい身体でハッスルプレーを見せる純地元っ子ということで現地でも人気がある。身長は170cm前半に見え、公式サイトでは175cm(5フィート9インチ)となっているが一部日本の媒体では178cm(5フィート10インチ)と紹介されている。

2018年6月にメジャー初昇格すると最初の試合で4打数3安打2打点、翌日もメジャー初ホームランを放つなど活躍してそのままメジャーに定着した。2020年は打撃でチームを引っ張りMVP投票で10位、8月にはムーキー・ベッツの三遊間の深いゴロをアウトにしたプレーがPlay of the week に選ばれた。7〜8月にかけて16試合連続安打を記録。fWAR1.6はアンソニー・レンドンとマイク・トラウトに続いてチームで3番目と主軸級の活躍だった。MLB公式より2020年版過小評価ベストナインの二塁手に選ばれている。2021年はもともと苦手なチェンジアップに苦戦しており、打率は0割台・長打も打てていない。

本職のセカンドとショートだけでなくサード、両翼を平均以上にこなせる高い守備力が特徴。メジャーの舞台でも内外野で攻守を連発している。打撃はエンドランが長けている。四球率はメジャー平均より少ない。明らかなボール球をヒットにすることがよくあり悪球打ちがうまいと評されているが、ボール球の見極めの悪さの裏返しでもある。

好きな選手は元エンゼルスのデービッド・エクスタインとMLB公式サイトに紹介されており、小柄なショートのレジェンドOBに自身を照らし合わせているのかもしれない。兄のドミニク・フレッチャーはダイヤモンドバックス傘下のマイナーに所属している(2021年6月現在)。また、2020年にマリナーズでデビューしたアーロン・フレッチャーとは血縁関係は無い。

寄稿日:2021-06-14 最終更新日:2021-06-14
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 打席 安打 2B 3B 本 打点 四 死 三振 盗 打率 出塁 長打

2018 LAA 80 284  78 18 2  1 25 15 3 34  3 .275 .316 .363

2019 LAA 154 596 173 30 4  6 49 55 0 64  8 .290 .350 .384

2020 LAA 49 207  66 13 0  3 18 20 0 25  2 .319 .376 .425