ドビダス・ネブラスカス


Dovydas Neverauskas (本名Dovydas Neverauskas)

Embed from Getty Images

1993-01-14生|191cm102kg| 右投右打

出身地/リトアニア、ビリニュス

ドラフト/0年--(全体0位)指名

メジャーデビュー/2017-04-24
■選手紹介

MLB史上初のリトアニア(首都はビリニュス)出身メジャーリーガー。16歳となった2009年、MLB組織の球団初のリトアニア人選手としてピッツバーグ・パイレーツと契約。しばらくシングルA止まりのシーズンが続いたが、2016年春は招待選手としてスプリングトレーニングに参加。入団後初めて通年AA以上でプレーし、翌年4月にメジャーデビューし24試合に登板、防御率3.91を記録した。しかし2018年以降はどの球種も通用せず、3年間で25試合・防御率8.00→10試合・10.61→17試合・7.11と打ち込まれるシーズンが続いた。2020年シーズン終了後にパイレーツをDFAされると、NPBの広島カープへの入団が発表された。

ピッチングスタイルは右のオーバーハンドからフォーシームを全体の約半分、カーブを3分の1程度、カッターを2割程度投げる(チェンジアップも持っているがほとんど投げていない)。メジャーデビュー初球は98マイルを計測、2017-18年は平均96マイルのフォーシームを投げていたが、2020年は93マイル台に低下している。カーブは縦に落ちるタイプでメジャーでもある程度通用していた。

なお、リトアニア育ちのドビダスが野球を始めたのは父親の影響を受けたから。父ビルミダスは1980年代に国内最初の野球クラブの立ち上げに関わり、親族が経営する靴の工場から余った革を譲り受けてグローブを作るなどクラブ運営に奔走した。その後2020年現在までリトアニア代表チームのコーチを務めている。

寄稿日:2020-11-22 最終更新日:2020-11-22
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし