ギャレット・ウィットロック


.
Garrett Whitlock (フルネーム/Garrett Getts Whitlock)

Embed from Getty Images

1996-06-11生|196cm86kg|リリーフ 右投右打

出身地/アメリカ合衆国 ジョージア州スネルビル

ドラフト/2017年NYY18巡目(全体542位)指名

メジャーデビュー/2021-4-4
■選手紹介

2020年オフのルール5ドラフトでヤンキースからやってきたリリーフピッチャー。開幕から1ヶ月経ったがメジャーレベルの投球を見せており、年間通じて26人枠に残り続けるのは間違いない。

高校時代から所属チームの中心選手として知られていたがドラフトにかからなかったため、近年評価が高まっているUAB(アラバマ大学バーミンガム校)に進学。ここで2年間プレーすると、2017年ドラフトでヤンキースから18位で指名されて入団する。2018年はA・A+・AAの3階級で120イニングを投げて8勝5敗・防御率1.86と優秀な成績を残す。翌2019年もAAで活躍するが7月にヒジを痛めてトミー・ジョン手術を受ける。2020年はマイナーリーグの試合が行われなかった影響もあり公式戦出場がなかったが、この年のルール5ドラフトでまさかのメジャーフェースでの指名。

TJ手術からあまり経っていないためレッドソックスは慎重に起用しており、なるべくイニング途中からの登板にならないよう配慮されている。また今季はリリーフだが将来的にはスターターとして育てる方針だ。

投球は半分以上が平均95マイルを超えるシンカーで、チェンジアップとスライダーを投げる。もともとスライダーの評価が高く、チェンジアップの質には疑問を持たれていたが2021年の春季キャンプで劇的に向上し、今ではスライダー以上に使えるボールになっている。フォーシームも投げるがスピンレート・変化量ともに悪く見せ球程度にしか投げない。

なお、大学に入る前は幼稚園~高校一貫校のプロビデンス・クリスチャン・アカデミーでプレー。卒業生にコリン・マキューがいるが、奇しくもマキューも18巡目指名を受けてプロ入りしている。

寄稿日:2021-05-10 最終更新日:2021-05-10
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 勝 敗 セ 防御率 イニング 安 責 本 四 死 三振 WHIP K/BB

(~2020年メジャー経験なし)