ジョシュ・ロハス


.
Josh Rojas (フルネーム/Joshua Luke Rojas)

Embed from Getty Images

1994-06-30生|185cm91kg|外野手、二塁手、遊撃手 右投左打

出身地/アメリカ合衆国 アリゾナ州リッチフィールドパーク

ドラフト/2017年HOU26巡目(全体781位)指名

メジャーデビュー/2019-8-12
■選手紹介

内外野6ポジションを守れる使い勝手のいいユーティリティ。メジャーデビューから2年は打撃で苦しんだが3年目の2021年に11本塁打を記録し、さらなる成長が期待されている。地元アリゾナ州出身。阪神タイガースが獲得を目指していたことがある。

ジョシュ・ロハスはチェイスフィールドから30分以内の場所にあるリッチフィールドパークで生まれ、Dバックスファンとして育った。地元の高校を卒業し、アリゾナにあるコミュニティカレッジを修了後ハワイ大学に転入。ジュニア(3年生)はイマイチだったがシニア(4年生)では中心選手として活躍した。

2017年にアストロズに26巡目指名を受けて入団。マイナー初年度から内外野の複数ポジションで出場する。2018年にAAのテキサスリーグ・オールスターに選出される活躍をし、MLB公式の有望株ランキング球団30位以内に名前が挙げられるようになる。AAAでプレーしていた2019年7月、アストロズがザック・グレインキーを獲得するため4人の若手有望株を手放し、ロハスは生まれ故郷に本拠を置くDバックスに移籍することとなった。

アリゾナに移籍して間もなく、初めてのメジャーリーグで41試合に出場して2本塁打・打率.217を記録した。翌年は腰のケガがあって17試合の出場に終わり、打率が2割を切った。同年シーズンオフに阪神タイガースが獲得を目指しているとの報道が流れた。2021年はメジャー3年目にしてほぼフルシーズン降格せずに過ごし、139試合に出場し打率.264・11本塁打・出塁率.341・長打率.411・OPS.752と及第点の打撃成績を残した。

守備の評価が高く、外野手登録だが内野4ポジションがすべて出場可能で、逆にセンターは守れない。打球反応と肩が良く、特に投げミスを犯さない正確な送球が魅力。ただし2019~20年は守備機会107回でノーエラーだったのが2021年は373回で15エラーを犯し、dWAR(Defensive WAR)は-1.6を記録しており注意が必要だ。平均以上のスピードを守備で存分に活かしているが、盗塁の技術は微妙。マイナー時代に2年連続で30盗塁を記録しているが、メジャーではあまり盗塁企図していない。

ところで、ロハスはアリゾナ州で生まれDバックスでメジャーデビューを果たした史上2人目のメジャーリーガーなのだが、1人目はチャールズ・ブリュワーという通算4試合しか登板していない投手。こちらはチェイス・フィールドから15分の町で育ち、Dバックスから指名されて入団している。ブリュワーはUCLA(カリフォルニア州立大ロサンゼルス校)、ロハスはハワイ大学に通っていて、両者ともアリゾナ州外の大学を経由している。いつの日かアリゾナから一度も出ないままDバックスで生え抜きデビューする"真のアリゾナっ子"メジャーリーガーは誕生するだろうか?

寄稿日:2021-11-15 最終更新日:2021-11-15
オールスター:なし

主な表彰:なし

タイトル:なし

▼タティスJr.のホームランを奪い取るジョシュ・ロハス

▼大谷翔平のボークで生還するジョシュ・ロハス

▼レギュラーシーズン個人成績

年  チーム 試 打席 安打 2B 3B 本 打点 四 死 三振 盗 打率 出塁 長打

2019 ARI 41 138  30  7 0  2 16 18 1 41  4 .217 .312 .312

2020 ARI 17  61  11  0 0  0  2  7 0 16  1 .180 .257 .180